ABOUT ME

アトリエのオーナーとして、子ども服作りの先生をしています。
元アパレル店長の経験を活かし、子供に着せやすい、着心地の良い生地選び、センスのある生地合わせや型紙選びを教えています。

親子向けファッションショーの企画。
オリジナル生地・セレクト生地の販売。
子ども服作りの魅力を伝える活動をしています。

~活動履歴~
2005年~
10代で副店長に。その1年後に百貨店内の某アパレルブランドの店長として服飾全般・トレンド・コーディネイトの知識、生地についての知識
コーチングなどの育成・店舗運営について学ぶ。
​2013年 長男出産を機に家庭用ミシンで子ども服作りを始める。
2年間“家庭用のミシンだけ”で子ども服作りを独学で楽しむ。
以来、子ども服はほとんど買わずに作ったものだけで子どものファッションを楽しむ。


2015年~ 次男出産後、もっと身近な場所で働き、子供たちとの時間を増やしたいと考え、
アパレル会社を退職。
ついにロックミシンを購入する。笑
かしわくフェスタにて初めて自身の作った子ども服を販売。
イベント開始2時間で完売。その後、各種イベントにて、子ども服を製作・販売。

2016年~地域のお母さんたちへ子ども服作りを教える講師活動を開始。
子ども服に装飾するリボンを1から自分で作りたいと考え、favoriトータルリボンコースデュプロマを取得。
2017年~ 流山市女性創業スクール卒業
mikke!プロメイトとしてリボン・子ども服作りの講師活動開始。
カフェひまつぶしさんにてプチマルシェを企画・共同主催。

​各種イベントにて、ハンドメイド作家さんへのディスプレイのアドバイスや販売するための作家活動についてのアドバイザー活動を開始。
​千葉日報 ひと模様に掲載。

2018年~本格的に自宅にて『子ども服作りのための教室』を主宰・運営。

毎月“おうちで子ども服を作るためのお話会”を開催し、より多くの方へ子育て中でも楽しめる趣味として子ども服作りの良さを広めている。
ワークショップなどを含め、レッスン人数は200名を超える。

2019年 流山市PRパンフレットに掲載。
流山広報誌 Nstyleの表紙に掲載。
流山ハーヴェスティバルにて、親子ファッションショーを企画・主催。

2020年

1月2月 地域誌“なちゅら”へ企画2号連載掲載
3月 拠点を新たに運河にて“ママの笑顔のためのアトリエ”子ども服作りの教室をグランドオープン

ソーイングハウスFREESTYLEでは『子育て中のママでも簡単に子ども服を作って楽しめる』ことを
伝えていく活動を目的としております。
パターンは既存のものを使用し、主に子ども服作りの縫製のサポートをする
ミシン初心者向けのレッスンを行っております。
本を見ながらおうちで子ども服を作ることができるようになります。

子ども服に適した生地(主にニット生地)を使用した子ども服作りがメインです。

✔お子様連れでのレッスンを気軽に楽しんで欲しい。
✔ママにも集中した時間を作って欲しい。
✔手作りでもセンスのある可愛いお洋服を完成させたい。

・・・そんな想いから、忙しいママにも子ども服の作る楽しさを知って頂き、
日常に手作りのある充実した暮らしを提供していきたいと考えております。